トップ > 仙台東照宮

仙台東照宮

仙台東照宮は、第2代仙台藩主・伊達忠宗によって1654年に創建された。伊達家と徳川家は姻戚関係にあり、また仙台藩の財政難を江戸幕府が支援したことなどを理由として、江戸幕府初代将軍である徳川家康を祭神として祀る東照宮が仙台に建てられた。東照宮があるこの場所は、家康が仙台に来訪した際に伊達政宗と休息をとった場所で、また仙台城の鬼門方向(北東)を封じるために建設地として選ばれた。本殿や唐門などが国の重要文化財に指定されている。

所要時間 1.0 時間
  • 重要文化財
都道府県
宮城県
営業時間
終日開放
住所
仙台市青葉区東照宮1-6-1
アクセス
JR東照宮駅から徒歩3分
ホームページ

周辺スポット