高照神社

1712年、第四代弘前藩主・津軽信政の廟所として造営されたのが始まりで、1730年に高照神社という名称になった。本殿から鳥居まで主要建造物が東西同軸上に配される独特な構成となっている。それら建造物群は近世の神社建築の特色を表しており、社殿・中門・廟所拝殿・廟所門など多くの建造物が国の重要文化財に指定されている。

所要時間 0.5 時間
  • 重要文化財
都道府県
青森県
住所
青森県弘前市高岡字神馬野87
アクセス
東北自動車道「大鰐弘前IC」から40分

周辺スポット