西蓮寺

782年の創建と言われ、中世から近世にかけて天台宗の中心的寺院のひとつとして興隆した。1543年に建てられた山門(仁王門)、高さ9メートルの相輪塔が国の重要文化財に指定されている。相輪塔は、比叡山延暦寺と日光輪王寺の相輪塔とならび日本三相輪塔と呼ばれる。

所要時間 1.0 時間
  • 重要文化財
都道府県
茨城県
住所
茨城県行方市西蓮寺504
アクセス
常磐自動車「千代田石岡IC」から40分
ホームページ

周辺スポット

このページをシェアする