飯高寺

1580年創建。1874年(明治7年)までの294年にわたり、関東地方における日蓮宗の主要な檀林(僧侶の学問所)であった。最盛期には600~800人の学僧が集まり、多くの名僧を輩出した。総門・鼓楼・鐘楼・講堂が国の重要文化財に指定されている。

所要時間 0.5 時間
  • 重要文化財
都道府県
千葉県
住所
千葉県匝瑳市飯高1789
アクセス
銚子連絡道路「横芝光IC」から20分

周辺スポット

このページをシェアする