トップ > 信貴山城

信貴山城

"信貴山城は信貴山(標高433m)に築かれた山城で、1460年に史料上初めて登場する。本格的な城郭を築いたのは木沢長政で(1536年)、その後1560年に大和国を制した松永久秀が城主となった。1577年、織田信長の攻撃を受けて松永氏が滅びると、信貴城は廃城となった。 1542年(天文11年)の「太平寺の戦い」で長政が三好長慶らに敗北すると、以降20年近くも信貴山城は放置されます。"

所要時間 1.0 時間
都道府県
奈良県
インフォメーション
地図上のピンの位置は朝護孫子寺。ここから遊歩道で40分
住所
奈良県生駒郡平群町大字信貴山1308
アクセス
大阪中央環状道路「八尾IC」から40分

周辺スポット