箕輪城

箕輪城は1512年に長野業尚によって築かれた城で、城の周囲にある榛名白川と榛名沼が天然の堀を形成していた。城主がたびたび変わったが、豊臣秀吉の命令で徳川家康が関東に領土を変えた際に箕輪城は井伊直政に与えられた(1590年)。直政は箕輪城を近代城郭に改造したが、家康の命令で高崎城へ居城を変えたため箕輪城は1598年に廃城となった。

所要時間 1.0 時間
都道府県
群馬県
住所
群馬県高崎市箕郷町東明屋
アクセス
関越自動車道「前橋IC」から25分

周辺スポット

このページをシェアする