トップ > 稚内港北防波堤ドーム

稚内港北防波堤ドーム

北防波堤ドームは、稚内港北埠頭が樺太行きの船着き場として使用されていた当時、防波堤兼鉄道駅への通路として建設された。高さ約14メートル・長さ427メートルある古代ギリシア建築を彷彿とさせる特徴的な建造物は、北海道庁の技師として赴任してきた当時26歳の土屋実氏よって設計された。

所要時間 0.5 時間
  • 定番
都道府県
北海道
住所
北海道稚内市開運1−2−2
アクセス
JR稚内駅から徒歩5分
ホームページ

周辺スポット