遊佐の小正月行事(滝ノ浦地区)

国の重要無形民俗文化財。遊佐町吹浦地区の女鹿・滝ノ浦・鳥崎集落に伝わる民俗行事。起源は定かではないが、秋田県男鹿半島に伝わる「ナマハゲ」と同じ系統のものと考えられています。藁を何重にも重ねた蓑を身にまとい、鬼や翁の面をつけた若者が、各戸を回って子供の怠け心をいさめたり、お年寄りの長寿を願う。

所要時間 1.5 時間
  • 重要文化財
都道府県
山形県
インフォメーション
集落内の大鳥神社を18時頃に出発
開催日
1月1日
開催時間
18時
住所
山形県飽海郡遊佐町吹浦滝ノ浦24(大鳥神社)
アクセス
JR女鹿駅から徒歩5分

周辺スポット

このページをシェアする