當麻寺

612年、聖徳太子の弟・麻呂子親王が創建した寺。現在の場所には孫の當麻国見が移築したと伝わる。當麻氏の氏寺として栄え、 国宝や重要文化財に指定された多くの文化財を有している。境内にある塔頭「中之坊」では、桃山時代の名庭「香藕園」や霊宝館が公開されている。

所要時間 1.0 時間
  • 定番
  • 国宝
  • 重要文化財
都道府県
奈良県
営業時間
09:00~17:00
定休日
無休
料金
境内無料、中之坊(中学生以上500円、小学生250円)、伽藍三堂(中学生以上500円、小学生250円) 特別公開などにより変更される場合があります。
電話番号
0745-48-2008(奥院)/0745-48-2004(護念院)/0745-48-2202(西南院)/0745-48-2001(中之坊)
住所
奈良県葛城市當麻1263
アクセス
近鉄当麻寺駅徒歩15分

周辺スポット

このページをシェアする