知恩院

1175年の創建。境内は、三門や塔頭寺院のある下段・本堂(御影堂)のある中段・勢至堂などのある上段の3つに分かれている。このうち、上段が開創当初の寺域であり、中段・下段は江戸時代になって徳川幕府の全面的な援助で造営されたものである。 徳川幕府の造営になる、近世の本格的かつ大規模な仏教建築の代表例であり、日本文化に多大な影響を与えてきた浄土宗の本山寺院の建築としての文化史的意義も高いことから、本堂と三門が国宝に指定されている。

所要時間 1.0 時間
  • 国宝
都道府県
京都府
営業時間
5:40~16:00 ※季節により変動。庭園は9:00~16:00
定休日
無休
料金
無料(庭園拝観料:一般500円、小中学生250円)
住所
京都府京都市東山区林下町400
アクセス
地下鉄「東山駅」から徒歩8分
ホームページ

周辺スポット

このページをシェアする