若松寺

若松寺は708年に行基により創建されたと伝わる。その後、慈覚大師(山寺立石寺の開祖)によって現在地に移転され、大規模な伽藍が建てられた。寺院建築ではヒノキやケヤキが使われることが多い中、若松寺観音堂はブナを基調に建築された珍しい御堂で、国の重要文化財に指定されている。

所要時間 0.5 時間
  • 重要文化財
都道府県
山形県
住所
山形県天童市山元2205-1
アクセス
JR天童駅から車で15分
ホームページ

周辺スポット

このページをシェアする