巴波川(蔵の街)

巴波川の舟運は、1617年に徳川家康の霊柩を久能山東照宮(静岡県)から日光東照宮(栃木県)へ改葬した際、荷物などを運んだことが始まりといわれ、その後、江戸との舟運の物資集散地として盛隆を極めた。往時は川の両岸に舟積問屋や蔵が数多く立ち並び、現在もその面影が残されている。

所要時間 1.0 時間
都道府県
栃木県
住所
栃木県栃木市倭町2−6
アクセス
JR栃木駅から徒歩10分

周辺スポット

このページをシェアする