旧下野煉化製造会社煉瓦窯

国の重要文化財。赤煉瓦の製造施設として設立され、明治22年(1889年)から製造を開始した。昭和47年(1972年)、煉瓦需要の衰退により製造が中止され、製造設備のうち現存するのはドイツ人技師ホフマン(Friedrich Hoffman)が考案したホフマン式東窯1基のみである。最盛期は国内に50基のホフマン式輪窯が存在していたが、現在残っているのは4基のみである。

所要時間 1.0 時間
  • 重要文化財
都道府県
栃木県
営業時間
9:00~17:00
定休日
月曜日(祝日の場合は翌日)、12/29~1/3
料金
100円(中学生以下無料)
住所
栃木県下都賀郡野木町大字野渡3324−1
アクセス
東北自動車道「館林IC」から30分

周辺スポット

このページをシェアする