宇陀松山伝統的建造物群保存地区

国の重要伝統的建造物群保存地区。戦国時代、秋山氏が築いた秋山城の城下町を起源とし、その後は豊臣秀長の家臣によって現在の街並みの基礎が築かれた。江戸時代以降は商業地として栄え、明治時代には裁判所などが置かれ地域行政の中心地として発展した。

所要時間 1.5 時間
都道府県
奈良県
住所
奈良県宇陀市宇陀
アクセス
京名和自動車道「橿原北IC」から30分

周辺スポット

このページをシェアする