【世界遺産】醍醐寺

真言宗醍醐派の総本山。醍醐山全体を寺域とし、80余の堂塔が立つ大規模な寺院で、世界文化遺産に登録される。874年に聖宝理源大師が開山し、のちに豊臣秀吉が再興。1598年に秀吉が催した宴は「醍醐の花見」として知られ、これにちなんで毎年4月の第2日曜に「豊太閤花見行列」が催される。

所要時間 1.0 時間
  • 定番
  • 世界遺産
  • 国宝
都道府県
京都府
営業時間
9:00~17:00
定休日
無休
料金
下醍醐エリア(三宝院・霊宝館・伽羅):一般800円、中高校生600円 ※3月20日~5月15日、10月15日~12月10日は一般1,500円、中高校生1,000円 上醍醐エリア(標高450mの登山):一般600円、中高校生400円
電話番号
075-571-0002
住所
京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
アクセス
地下鉄「醍醐」駅から徒歩10分
ホームページ

周辺スポット

このページをシェアする