長崎市東山手地区(伝統的建造物群保存地区)

長崎市東山手は19世紀の長崎港開港後、市内で最初に外国人居留地となった地域である。「オランダ坂」に面する7棟の木造洋館や「東山手甲十三番館」「東山十二番館」など、日本で最も古い洋風建築物が多く残っており、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。

所要時間 2.0 時間
  • 定番
  • 重要文化財
都道府県
長崎県
営業時間
施設に拠る
定休日
施設に拠る
料金
施設に拠る
住所
長崎県長崎市東山手町
アクセス
長崎電鉄「市民病院前」下車、徒歩5分

周辺スポット

このページをシェアする