多胡碑

日本全国に62ある特別史跡の1つ(特別史跡は国宝と同格)。多胡碑は、奈良時代初めの711年に建てられた石碑。文字には、当時最先端の中国文化の影響がみられる一方、18世紀以降に多胡碑の写しが朝鮮通信使を通して中国に渡り、その書風が評価され、後世の日本の書家にも影響を与えた。このように多胡碑は、東アジアの文化交流の様子を示す重要な資料である。

所要時間 0.5 時間
都道府県
群馬県
営業時間
終日見学可
住所
高崎市吉井町池1095
アクセス
上信越自動車道「吉井IC」から7分
ホームページ

周辺スポット