大森銀山伝統的建造物群保存地区

世界遺産の構成資産の一つであると同時に国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。石見銀山から続く谷間に位置する大森は、銀山の発展と共に栄えてきた鉱山町である。現在の町並みは1800年の大火の後に再建されたもので、通常の町割りは身分別に居住区が分けられるが大森の町並みは武家屋敷や商家屋敷などが混在しているのが特徴である。

所要時間 1.5 時間
  • 定番
  • 世界遺産
都道府県
島根県
住所
島根県大田市大田町大田ロ1111
アクセス
JR大田市駅からバスで30分、大森下車
ホームページ

周辺スポット

このページをシェアする